レント(受難節) 


たといわたしは雪で身を洗い、

灰汁で手を清めても、あなたはわたしをみぞ

の中に投げ込まれるので、わたしの着物も、

わたしをいとうようになる。


ヨブ記9章30,31節 


3月6日から四旬節(レント)が始まっていますが、なじみのない人が多いのかもしれません。私自身クリスチャンになってからも四旬節の事は知らず、2010年のイースターの時に知ることになるのです。この年は信仰的にも仕事面でも大きな壁に直面した年で、とりわけ新年明けに当時恒例であった佐世保基地への出張時にそのピークを迎えました。自宅であれば家族がいますし、自分の部屋でゆっくり祈ることもできます。しかし出張先のホテルではそのような事はままならず、それどころか大きなイベントの準備で徹夜になることさえあるのです。出張の準備をしている時に私はとっさに”主の憐れみを叫び求めて”という邦題の本をスーツケースに忍ばせました。ヘンリ・ナウエンというハーバード大学教授の書いた著書です。副題として”ジェネシー修道院からの祈り”と記されたその本には、著者が知的障害者と24時間、何か月も生活を共にした時の日々の祈りが日記の形で記されていました。肩書も何も通用しない世界で著者は自分の無力さを思い知らされるのです。 

 

本を開いた時、私の目に最初に飛び込んできたのは”恐れの心”という第一章の表題でした。まさにその時の自分が直面していた問題です。私は毎日時間を見つけては食い入るように読み続けました。私自身も著者と同じように四旬節に合わせて祈り心を持って読み続けたのです。もちろん、それで問題は解決しません。しかし、不思議な平安が私の心を満たしてくれました。ちょうど真っ暗闇の中に仄かに光る燈心の火のように…